家ができるまで

家づくりの流れ

家づくりはどんな過程を通して行われるのかを順を追ってご説明しています。

ご相談

私たちの家づくりは、お客様の家に対する思いやご要望をお聞きすることから始まります。お好みのスタイル。和風がすき。丸い窓がほしい。ご趣味の話や休日の過ごし方など・・・。ご家族のいろいろな話をお聞きする中で、お客様のライフスタイルを知ることができ、お客様にぴったりの家づくりに生かせます。

そして、大切なご予算の話。家づくりに必要なお金とお客様がつくりたい家と総合的に考えながら話し合います。土地をお持ちでない方は土地のご購入のご相談もお受けします。また、ローンの組み方のご相談もお受けします。どんなことでもどんどんおっしゃってくださいませ。

ご相談

土地の測量

家を建てるには法的な決まり事がいろいろあります。
まずは敷地を測らせていただきます。

あなただけの図面を設計

話し合いの中でお聞きしたご要望から、お客様だけのオリジナルな図面を設計し、ご提案させていただきます。その後、何度も何度も話し合い図面を推察し、お客様だけの設計図が完成します。

お見積もり

できあがった図面を元にキッチン、トイレ、使用材料、工事内容などの見積もりを算出し、予算をご呈示いたします。

ご契約

支払い条件などをご確認いただき契約となります。

着工まで

既存住宅がある場合は、解体工事。平地の状態になった後に地鎮祭は行うか否か。仮住まいされる場合は、お引っ越しの相談もお受けしています。また、仮住まいには使わないが新しい家には運びたいお荷物のお預かりもしています。

ご近所へのごあいさつ

工事期間中お世話になるご近所へのご挨拶をさせていただいております。

調査

地盤調査を行います(JIOなど第三者機関による)。調査結果をもとに地盤改良を行います。

地鎮祭

地鎮祭

土地の神様にご家族のご発展、安全と工事の安全をお祈りする行事です。
地鎮祭を行わないお客様もおられます。

地鎮祭

基礎工事

地盤に即した基礎工事を行います。基礎工事の後に配筋工事を行います(第三者機関による)。

建前(上棟)

棟上げのこと。家を建て始める日。柱や梁、屋根など家の大まかな骨組みを造りあげていきます。おめでたい日であるため、上棟式を盛大に行う地域もあります。大工さん達働く人の姿が外から一番よく見えるときです。

建前(上棟)

木工事・外部工事・内部工事

骨組み調査(第三者機関による)後、床をはったり壁をつくったり、玄関をはったり家づくりがどんどんと進みます。

俊工

完成検査(第三者機関による)後、完成です。

お引き渡し→お引っ越し

できばえのご確認や各種器具の取扱のご説明をさせていただきお引き渡しになります。弊社では、お引き渡しのその日からすぐに生活していただける状態になっています。お引っ越しのお手伝いもさせていただいています。

アフターメンテナンス

住まわれる中でご不便を感じられたらすぐにご連絡ください。
その他、1年点検などアフターメンテナンスをさせていただきます。

おうちを建ててからのおつきあいを大切にしています。

スタッフブログ